So-net無料ブログ作成

5月22日 帰省 [帰省]

父の病気について、主治医から説明があるというので、

caverunaも、caveruna弟も実家に帰ることにしました。

5月20日にPET、5月22に脳のMRIを受けた父。

その結果をふまえての説明だ。


弟は大阪に単身赴任中で、

休みを取るのはホントに大変だったみたいだけど、

なんとか調整したようで、

22日、大阪から仙台に飛行機で飛んできて、

仙台から盛岡まで新幹線、盛岡から大館まで高速バスで、

22時頃着いたようです。

(営業本部長なんだって。なんだか忙しそうである・・・)


caverunaは、仕事が終わって家に帰り、準備をして大宮へ。

早く着いたので、駅前をうろうろ・・・

でも荷物が重くて、結局ドラックストアに入って時間つぶしました。

といのは、実は理由があって、

夜になってからもうれつに鼻がかゆくて、

そのうち鼻の中の皮膚がヒリヒリしてきて、痛痒くなってきてしまったの。

薬を持っていなかったので、ドラックストアで保湿クリームのテスターを

拝借した次第であります。

(これでだいぶ落ち着いて、バスの中は平気だったんだけど、

翌日からくしゃみ&鼻水が突然!イネ科の花粉だったのかな???)

497E336B-90AE-4BA9-9745-B94B09F2C073.jpeg

久しぶりの大宮東口。

こっち側って、なんかいっきに地方都市って感じで好きだわ~

E4993D13-C44B-4FDA-882B-5BE0C255213B.jpeg

22:45発のジュピター号。

残念ながら中央の席・・・プライベートは無い・・・

今回は、小さい枕と、座布団と、エアクッションを

持参したcaveruna。

もうこれ無しでは乗れない!必需品です。

バスって、なんか酔いそうで、

結局寝るしかないんだよなぁ・・・。

2時間おきくらいに小刻み睡眠。

疲れがたまってたので、しんどかった・・・


つづく



nice!(65)  コメント(6) 

5月17日 前立腺がんも [家族、親族]

昼間、携帯に母からTEL。

今まで通院していた能代の病院から、

循環器科と泌尿器科に一緒に地元の病院へ

紹介状書いてもらった父。

一ヵ所になるなら楽でいいと、母も私も賛成。

なのに、父はうかぬ顔。


平成10年、55歳の時に、大動脈解離で入院。

平成11年に狭心症で手術。

平成13年に心筋梗塞で手術。

平成14年に膀胱がん手術。

その後、前立腺の検査で通院。

と、ずーっとお世話になっていた病院。

そこを離れて地元の病院へという事は、

見放された感があるのか?


なんとか説得し(笑)、地元の病院へ行って診察したら、

先生に「前立腺がんかも・・・」と言われたらしい。

数年間から、数値が悪いのどうので、何度も検査&経過観察

してきたのだが・・・。

まぁ、どちらにしても薬で治療するらしく、

今服用している薬を一旦やめてからじゃないと出来ないので、

肺がんの治療を優先して、使える薬を先生同士で相談しながら、

やってもらうことにした。

もはや母は、悲しみを通り越し、あきれ口調である。

「もう、どこもかしこも!なんなんだ!」って(苦笑)


一方の母、

24日に、手術について主治医から説明がある予定だったが、

その前に二泊三日でカテーテルをやることになり、

主治医からの説明は先延ばしになった。


あーもう父と母、同時進行だからややこしい!

父も母のことが気になってしょうがないようで、

母は、「私の事は後でもいいんだから、自分の事をまず考えて!!!」

と父に言い放ち、それで父は、しぶしぶ「う・・・ん」って言ってるのだそう(苦笑)

まぁ第一優先は誰が考えても「父」なんだよ・・・。


つづく



nice!(30)  コメント(6)