So-net無料ブログ作成

母、再手術を決断 [家族、親族]

実は、父が入院する直前、

通院先の病院で、心臓の再手術を

医者から打診された母。


2016年10月9日朝、

呼吸困難で意識が無くなり、

救急車で運ばれ、

地元の病院では無理で、

青森の弘前の大学病院へ搬送。

急性僧帽弁閉鎖不全、肺水腫、心原性ショック

という診断で、まずは肺の水を抜き、

10月17日8:30から、8時間かけて、

僧帽弁形成手術をしました。


あれから2年半、

いちおう術後良好ではあったんだけど、

どうもしっくりしない。

じきに、

弁の別の場所にも不具合が見つかりました。

ってことになって、経過観察しておりましたが、

最近心臓もかなり肥大してきており、

年齢のこともあるし、

80歳代で手術することを考えると厳しいが、

今だったら大丈夫!

弁ごと交換した方いいと思うとの医師の判断。

ちなみに、前回の手術は成功だったとの事。

前回の手術に落ち度があったわけではないもよう。

って言ったって、こちらには確認のしようがないんだけどね。

結局、母は、この先何度も手術はできないし、

ならば早いうちに!と、決断したようです。

詳しいことはこれから検査して。

ただ、父の入院のこともあるので、

まだいつ手術か決まっていません。

連休があるので、6月とかかなぁ?

とにもかくにも、まず父が無事に退院してくれないと!


私に手術のことを連絡しようと思ってた時に、

父の入院騒動があり、

母の手術の事は、父の入院と一緒に告げられ、

二重でビックリしたcaverunaです。


それでも、

「あなたの検査の結果が大丈夫で、ホントに良かった…

これで貴方まで手術なんてことになっていたら…」

って、

親って、自分の事より子供なんだねぇ(涙)


5月の、連休に法事で上京する予定だった両親。

行く気満々だったんだけど、

今回はやめることに。

父の兄の一周忌を田舎ではなく、

関東でやることにしていて、

東京にいる姉、2番目の兄と会うのを

とても楽しみにしていた父。

またまたすっかり落ち込んじゃっているみたい

ですが、まずは自分の体が第一。


田舎に桜が咲く頃には退院てきるといいのになぁ

と思っています。


母も、一人だと張り合いがないし、

食欲もあまりない…

なんて言うし、

さすがに雪かき作業は、なくなったけど、

冬囲いが、父がいないと外せないので、

部屋が暗くて・・・と言ってます。

防犯にもなるから、パパが帰るまで我慢だね・・・

っと話してあります。

買い物も車がないから、

友達に頼んで乗せてもらって、

スーパーへ行っているそうです。

近くに住んでいれば、すぐに行ってあげられるのに…

せめても、毎日メールと、

電話をちょいちょいしてあげることしか出来ないけど…

二人とも無事でいてほしいと願うばかりです。


今度はどこに連れて行こうか?とか、

今年2回目の上京に合わせて買った、

ソファベットとか、

caveruna達も今度の上京を楽しみにしていたので…

だから、元気になって、また来てほしいな。




nice!(70)  コメント(14)