So-net無料ブログ作成

昔の仕事 [仕事]

caverunaが、最初に転職したのは、25?26歳の頃。

放送関係の撮影機材レンタルの会社に就職したcaverunaは、

毎日機材を借りに来る現場の音声さん、撮影スタッフさんを見てたり、

話を聞いたり、時々TV局のスタジオの配達に同行したりしているうちに、

やっぱ現場いいなぁ~と思うようになったわけです。

確かその頃は、とらばーゆとか、転職が流行ってて(笑)、思い切って転職。

が、現実は厳しかった・・・

舞台照明の会社に転職したはいいけど、

放送業界とか映画業界とは、また一味ちがうんだよね、地味というか、厳しいというか、

現場スタッフが職人気質というか(苦笑)

局のチャライ感じの雰囲気に慣れていたcaverunaは、一発で打ちのめされました。

営業事務で入ったけど、ほぼ雑用&アシスタントでした。

仕込みとバラシには必ず行かされ、生傷が絶えなかった・・・毎日汗まみれでした。

「歩くな!走れ!」と、どやされる毎日。

高所恐怖症なのに、イントレ登って、照明器具を取り外したり・・・。

はたまた、演歌歌手のマイクコードさばいてた(笑)

ファンのおっちゃんおばちゃん達に「あら?新しいマネージャーさん?」なんて言われながら・・・

でも、仕事自体は楽しかったんだよ。

それでもcaverunaは、まだいい方。

事務だから、ほとんど泊りがけの出張ってなかったけど、

照明のスタッフは、ほとんど「旅」だったね。

家に何日も帰れない。

2t車、3t車転がして、地方回り。

みんな今、どうしているのかなぁ・・・


caverunaが、辞めた理由は、社長のセクハラ。

ストレスでお尻から血が出たので、辞めました(爆)

舞台照明の事務的な仕事の他に、タレントのブッキングなんかもやっていて、

ホテルのディナーショーとかサマーバイキングをブッキングしていました。

演歌歌手や、大道芸人、有名歌手からレコード手売りしているよう、歌手までいろいろ。


今でもその仕事を続けていたら、ぜったい純烈ブッキングするんだろうなー

って思ったら、ドキドキしてきた(笑)

いっぱい売り込んであげるのになーーー

でも、そういう仕事してみて感じたんだけど、

タレント=商品でしか見なくなるから、

なんだか、そこらへんは、好きになれなかったな。

純粋にファンでいたほうがいいかっなー♪と。


そういえば、キャバレー ハリウッドが

閉店するんだってね…

行ったことはないけど、

名前くらいは知ってます。

純烈もお世話になったハリウッド。

伝説として語り継がれるのかな…




nice!(42)  コメント(6)