So-net無料ブログ作成

8月23日(手術の説明) [帰省]


4B89B198-3C8B-4CED-B365-F8232B1FD3E2.jpeg

13:00前に母の元へ到着。

13:30麻酔科へ行ってチーフである女医さんから説明受る。

当日は、麻酔科医(女性)2名の他、このチーフの女性も同じフロアにいるそうだ。

麻酔から覚めるのは、翌日以降。

体の状態を見ながら麻酔から覚ますので、いつかは言わない。

同じ箇所の2度目の手術になるので、

出血しやすく、その分時間もかかるかもしれないとの事。


次にICUへ行ってICUの説明。

その後、DVDでICUの紹介映像を見ました。

そのうち、説明もロボットになりそうだな・・・。

10分くらいのDVDが終わったところで係りの人が、

「ICU見学できますけど、どうされますか?」って。

前に入っているので母も、弟も、私も、けっこうですと断った。

ちなみに、ICUの面会は一度につき10分以内。

通常は13:00-19:30だが、

手術当日だけは、何時でもいいと言われた。


14:00から、ナースステーションの奥の部屋で手術の説明。

常々診察してくださっている先生が説明してくれました。

この医師は、前回の手術の際も立ち会っていた人で、

週に一回、大館の市立病院に来ているので、

母のことをずっと見ていてくれている先生だ。

今回弘前の病院に入院してからの主治医は、

手術当日の執刀医でもある中国人の若い男の先生。

(この時は、まだお会いしていない)

8月は、学生が夏休み中なので、

以前のようにうじゃうじゃいた研修医は、ほとんど見かけず静かだ。

caverunaは、先生の腕の毛がもじゃもじゃで、

ずっともじゃもじゃを見ながら説明を聞いていました(笑)

だってすごいんだもん・・・


母は三年前に心臓の僧帽弁形成術という手術をしました。

前回の手術が失敗というわけではないのだが、

この手術をしたのに、弁の逆流が治らず、

人工弁に置き換える手術をすることになったのだ。

前回の形成術は、自分の弁はそのままだが、

縫ったり繋いだりして修復する手術。

今回は、人工の弁に置き換えるのだが、

人工弁には機械弁と生体弁があって、

どちらにするか患者側で選択できるのだ。

機械弁は、寿命も半永久的なんだけど、弁の周りに、

血液が凝固しやすいので、毎日ワーファリンなどの薬を

飲まなければなりません。

一方生体弁は、牛の心臓や豚の大動脈弁を加工したものなので、

血液が固まる心配もないが(術後3ケ月だけワーファリン服用)、

一般的に15年~20年の寿命と言われており、

寿命が来ると再手術しなければならない。

先生からは、80代になってからでは体力的にも手術は大変だから、

手術するなら今!と言われたわけです。

先生の丁寧な説明を聞き、

相談することもなく、三人同意見で「生体弁でお願いします」と返事をした。

手術はトータル7時間を予定。

まぁ手術そのものは2~3時間くらいなんじゃないかな?

術後の処置や、様子を見るのに時間を要するのだと思う。

5D5E0F2B-6B68-4BD2-8E68-AE81AD370075.jpeg

この日は、これで終了。


説明を聞いてたら、「だんだん怖くなってきた・・・」と母。

だって、心臓一旦止めて手術するんだもんな・・・

たのむよ先生・・・

前回は家から救急車で運ばれる時点で、心不全をおこし、

大館の病院から救急車で弘前の病院へ。

救命救急センターのICUで数日しばらく様子を見てからの手術だったので、

倒れてから麻酔から覚めるまでまったく記憶が無い母。

「記憶が無い方がいいわぁ~」なんて言ってたけど、

その分、今回は術後は早く回復しそうだ。

FB3DE6EF-0E0A-4019-B213-E5CA57C67569.jpeg

16F593F3-5F76-40D4-99A3-3C9A19ED897F.jpeg

この日、21日に抗癌剤投与の為入院していた父が、

午後に退院してきたので、急いで帰る。

青森県と秋田県の県境にある矢立峠は、いつも天気が変わる。

冬は吹雪になるし、積雪量がドカンと変わる。

冬じゃなくて、ほんとによかった。。。

家の車がマニュアルなので、

caverunaが運転したら生きた心地しないだろうな・・・って思った。


帰ったら、父が、もうグラスとお箸をテーブルにセッティング済だった(笑)。

抗癌剤投与後はいつも元気なのだ。

副作用が来るのが一週間後くらい。

弟が中華系が食べたいと言うので、スーパーで焼売を買ってきた。

あとは冷蔵庫にあった茄子とピーマンで、味噌炒め。

父は、気分が良かったのか私達につきあって、ワイン少しを飲んだ。


つづく



nice!(63)  コメント(8) 

nice! 63

コメント 8

song4u

うわあ、なんかドキドキするなあ。
心臓弱いから、お手柔らかに頼みます~!
by song4u (2019-09-05 21:36) 

yuppie

お疲れ様です。
うちの父は今日、3回目の退院をしてきました。
抗がん剤の点滴、計6回が終わって、次の診察で
腫瘍が手術できるくらい小さくなったかどうかを
知らされ、今後どのように治療するのがいいか
説明を受けることとなりそう。。
その日は仕事を休んで両親と一緒に説明を聞きに
行く予定だよ。
うちの父は副作用のせいもあると思うけど、食欲が
激減してるのが心配だ・・。
caverunaさんのお母さんの手術の成功とお父さんの
副作用がかるいことを祈りつつ・・。
とりあえず私たちはできることを頑ろう!

by yuppie (2019-09-05 23:47) 

caveruna

song4u様
あら、意外?!
大丈夫ですよ、麻酔で寝ている間に
終わるんだもん♪
by caveruna (2019-09-06 07:14) 

caveruna

yuppie様
うちの父は4回目が終わったところで、
検査をして、今後のことについての説明を受けます。
食欲はあるんだけど、食べる量が激減していて
ビックリです…
薬が効いているうちは安心だけど、
いずれ効かなくなるんだよなぁ…
ま、先のことは考えず、
前向きにいきましょう!
by caveruna (2019-09-06 07:18) 

Rchoose19

結構、説明を聞いてるだけで、倒れそう・・・・^^;
自分の時には何も聞きたくないなぁ・・・
とはいっても他に聞いてくれる家族もいないので、仕方ないなぁ・・・・
そうそう、前向きに前向きに!!
by Rchoose19 (2019-09-06 07:43) 

caveruna

Rchoose19様
私は、こういう説明を聞くと、
怖いよりもすごい!と思う方で、
医学ってすごいなぁ〜って、
感心させられるのです♪
by caveruna (2019-09-06 08:15) 

yamatonosuke

手術が成功することを奈良から祈っています。
外科医の腕は毛むくじゃらの勝手なイメージ(笑)
by yamatonosuke (2019-09-07 01:34) 

caveruna

yamatonosuke様
久しぶりに見た、毛むくじゃら(笑)
毛深いのが苦手なので、
すごい気になっちゃう!
by caveruna (2019-09-07 01:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。