So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ここまできたら、とことん頑張れ! [家族、親族]

先月26日に緊急手術をして、

右手親指と人差し指を切断した、いとこの亜聖。

2月3日、術後の経過が悪く、

右腕上腕部から再度切断となりました。

いよいよ今まで恐れていた

敗血症になってしまったのです・・・。


そして、2月6日の午前中、腸からの出血で、

血圧が一時急に下がってしまい、

危険な状態との事で病院から連絡がありました。

caverunaもそれを聞いて、すぐに病院へ。

ラッキーな事に、その日は会議も無く、

留守番してくれる人もいたので、会社からダッシュで。

B2EF0DA7-70CF-4EC9-92DB-6E3FD7C23073.jpeg

昼頃に病院に着いたのですが、まだ処置中との事で、

救命の待合ソファーで待つことに。

叔父は江戸川区から。

亜聖の弟の北斗が、相模原から。

皆、病院で待ち合わせて、

一緒に先生の話を聞く段取り。


caverunaは、先に病院に着いていたので、

昼過ぎに処置が終わって面会できますよ!と言われ、ICUへ。

さすがに、都内の大学病院は、ICUも広いね~

本人苦しそうで、目もうつろ・・・

気管挿管まではしなくてよかったみたいで、

でも「誰だかわかる?」と声をかけると、

「わかるよ、お姉ちゃんでしょ?」と、

しゃべれるし意識はあるみたい。

でも、その他の言葉は、申し訳ないけど、

聞き取れず、何も出来ない自分に悔しさと、苛立ちと、

無力なことへの恥ずかしさとで、泣けてきた。。。。

ごめんよ、、、、


叔父たちが到着してから、

一般病室の荷物を出してくれと言われ、

車椅子と荷物を持って、ひとまず救命センターへ。

とにかく病院がリニューアルしてから、

綺麗になったのはいいけど、

エレベーターがいっぱいあるのに、ぜんぜん来ない!

飛ばす階のエレベーターがないので、

人が乗らないのに、全部各階に止まっちゃうのよね・・・

移動するだけでも、すごい時間がかかる。

結局15時頃先生からの説明を三人で聞いて、

叔父はいろいろな書類、同意書にサイン。


先生からの説明が、思っていたより重くなかったので、

いい意味で「肩すかし」。

まぁそれでも、悪い状態には変わりはないんだけど、

午前中の危機的状況は回避したように感じました。

それもあってか、すっかり安心してしまい、

主治医の先生に惚れそうになったcaveruna(笑)

大学病院って、先生達が若くて目の保養^^

イケメンだったし^^

アップルウォッチがかわいいな~とか、

スエット風のパンツがかわいいな~とか、

スニカーがおしゃれだな~とか、

でも救命にいるからか、目の下のクマがすごい!

そこも萌えポイントで、説明聞きながらガン見。

だって、すっごいじっと目を見て説明する先生でね。^_^。

はっ、冗談はこれくらいに。


で、とりあえず出来ることとしては、

ICUで腸からの出血の治療と、

敗血症の治療(抗生剤投与)を行うそうです。

いつ何がおこるかわからない状況なんだけど、

何年か前からたびたび起きている危機的状況を、

ラッキーにも乗り越えてきていることに、

いつもながらスゲーなと思うcaverunaなのです。


両脚、右腕が無くなり、残された左腕も時間の問題らしいです。

利き手の左手は、残してあげたいけどなぁ・・・。


みんなでワイワイ過ごした今年の1月3日。

あの時も辛かったはずなんだよね。

でも「大丈夫?」「痛む?」とは、

誰も口にしなかった。

相談したわけじゃないけど、

ただ楽しい時間だけをみんなが望んだのだと思う。

弟の北斗が「あの時は元気そうだったじゃん」と・・・。

叔父は、「何か楽しいことがあると一瞬だけど、

脳は痛みのことを忘れるらしいよ・・・

だからお前らが帰った後からまた痛い、痛いって・・・」

そうなんだよね、闘病ってそういうこと。

なるべくなら本人も出来る限りはポジティブでいること、

そきて、一瞬でも辛さを忘れさせてあげられるような、

まわりの心づかい。

日々、皆が悩みながらも、その繰り返しなんだと思う。


帰りは、しばらく使う事がなくなった電動車椅子を

叔父が押して帰り、北斗も相模原へ、caverunaも会社へ。

車椅子を持って、また病院に迎えに来れるといいなって

思いました。。。

95DFC886-AB63-4B0D-B2CA-A84369071A1A.jpeg

nice!(43)  コメント(20) 

nice! 43

コメント 20

式守錦太夫

なんかうまく言葉が見つかりませんが、
全身を削るように懸命に闘っている姿に、
どうぞご加護がありますように。
祈りますね。
by 式守錦太夫 (2018-02-14 01:41) 

YUTAじい

おはようございます。
お大事になさってくださいとしか言葉が出ません。
by YUTAじい (2018-02-14 05:50) 

ニッキー

私も言葉が見つかりませんが
少しでも辛さを忘れられるように楽しい時間が訪れますように(_ _)
by ニッキー (2018-02-14 07:37) 

Rchoose19

本当に祈ることしかできないですね・・
本人はともかく周りの人も辛い日々ですね。
by Rchoose19 (2018-02-14 07:42) 

caveruna

式守錦太夫様
ありがとうございます。
一時は病院にも見捨てられたかな…
と、思った時期もありましたが、
スタッフの方々も、本当に頑張ってくれて
いるのが救いです。
by caveruna (2018-02-14 07:54) 

caveruna

YUTAじい様
ありがとうございます。
今は、ただ祈るのみです。
by caveruna (2018-02-14 07:55) 

caveruna

ニッキー様
今はまだICUですが、
一般病棟に戻れる希望も、
とりあえずでてきたので、
頑張ってほしいです^^;
by caveruna (2018-02-14 07:56) 

caveruna

Rchoose19様
もう病院に任せるしかないし、
皆覚悟はしているけど、
本人、強いから…意外にまた復活するような
気がしています!
by caveruna (2018-02-14 07:58) 

ナツパパ

すみません、とてもnice押せないです。
どうか頑張って、と申し上げるくらいしか。
by ナツパパ (2018-02-14 10:32) 

caveruna

ナツパパ様
ありがとうございます^^
以前は「頑張れ!」って、言いづらいな・・・と思っていましたが、
今は、全力で「頑張れ!」と言ってます。

by caveruna (2018-02-14 11:03) 

bpd1teikichi_satoh

お大事に、病院に任せて頑張りましょう。
それしか言葉が出ません。申し訳ありません。
by bpd1teikichi_satoh (2018-02-14 12:12) 

caveruna

bpd1teikichi_satoh様
ありがとうございます。
みなさんからのコメント、支えになります^^
by caveruna (2018-02-14 12:20) 

yakko

こんにちは。
言葉が見つかりませんm(_ _)m 
頑張ってくださいとしか言えません。
by yakko (2018-02-14 13:55) 

caveruna

yakko様
本人が一番頑張っています^^
かわいそうだけど、もうどうしようもないのです・・・
今はただ、急変がおきないように、祈るのみです。
by caveruna (2018-02-14 14:03) 

末尾ルコ(アルベール)

近しい方の重い病ほどつらいものはありません。お大事になさってくださいませ。 RUKO
by 末尾ルコ(アルベール) (2018-02-14 23:34) 

caveruna

末尾ルコ(アルベール)様
ありがとうございます。
今はただ、冬を耐え抜いて、
春を待つばかりです。
by caveruna (2018-02-14 23:58) 

裏・市長

もう、ホントに言葉が出てこんな。

この子が何、悪いことをしたのだろう。
運命と言われれば、それまでですけど、
あまりにもむごい。

他人さんは誰も手も力も貸してあげられない。
なんとまぁ人間とは非力なものか。

ワシなんか、ちょっと神経やられただけで、
ヒーヒー言ってるのに、
その痛みは想像を絶する。
なんとか痛みだけでも最小限に抑えて
やってほしいわ。

鎮痛剤を増やしてくれと頼んでも、
これで「限度」です、「決まり」ですからと、
断られたことあるわー。
その時は看護師を恨んだで。
目の前で、これだけ痛がってるのにと。

どうか利き腕は残してくれますように…。

by 裏・市長 (2018-02-15 14:03) 

caveruna

裏・市長様
同じく、私も本当にかける言葉がなくて・・・
でも今回ばかりは「頑張れ!」って言っちゃいましたよ・・・
いよいよ制限時間が迫ってきているとは思うんだけど、
土俵際まで追い詰められてもなお頑張って生きている彼に、
ほんとに感心させられます。
by caveruna (2018-02-15 14:11) 

yamatonosuke

どんな小さなことでもいいので楽しみがあるといいですね。
周りの皆さまもツライでしょうが頑張って!
by yamatonosuke (2018-02-16 01:00) 

caveruna

yamatonosuke様
ありがとうございます。
一瞬でもいいから、
痛みを忘れさせてあげたいな…
と思います。
by caveruna (2018-02-16 01:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。