So-net無料ブログ作成

3月20日 [家族、親族]

雨でした。寒い一日でした。

叔父と田舎から出てきている両親は、靖国神社へ。

亜聖の遺影の写真の場所に、雨の中行ってきたんだとか・・・。

夕方まで都内で時間をつぶしてもらい、

池袋で両親と待ち合わせ。(会社は早退させてもらいました)

この日、caveruna宅に一泊してもらう為、

スーパーで買い物したりして、

夜、みんなでお風呂へ行ってご飯。

6BDD5913-6D94-47DC-8C3C-A59A383D35AB.jpeg



nice!(94)  コメント(8) 

3月19日 [家族、親族]

3月19日は、朝会社に寄って、昼前に早退させてもらいました。

船堀の叔父の家に12:30着。

13:00に葬儀屋へ。

1時間ほど時間があった為、caverunaパパがお経をあげる。

家からお経の教本を鞄に入れてきたらしい。

気がきいてるじゃん☆

caverunaパパは、お坊さんじゃないけど、

田舎で法事や葬式の時は、お坊さんと競って経読み上げてる(笑)

caverunaママは、あきれて笑い話にしてるんだけど、

この時ばかりは、役に立ったね!

叔父も感謝していました。

A054061D-9112-4E10-90DE-61B16D6CF6D0.jpeg

胸に、おかあさんの写真を・・・

天国で無事に会えますように・・・

D47728CF-CA2F-4955-BC42-9DA164435CFC.jpeg

お花をたくさん棺に入れ、14時すぎに出発。

桜の花枝もあったよ…

いつもよりも早く開花した桜…見れなかったから。

きっと毎年、桜が咲く頃、

思い出すんだろうなぁ。

叔父、最後に抱きしめて涙に、皆こらえきれず泣きました。

911CCFD3-2098-423C-A9B7-19D7B19D71C7.jpeg

葬儀屋のハイエースに四人、タクシーに四人乗り込み、

浦安市の斎場へ。

できて13年くらいでしょうか?新しめで綺麗な斎場です。

04DFF73E-7B1A-4323-ACD8-B0F1A4F5707A.jpeg

火葬の間は、2階で食事。

エスカレーターで2階へあがると、目の前には海!

2B4B7550-5678-4300-B9CE-331A71F69CCB.jpeg

あいにく曇り空だったけど、晴れていると富士山が見えるんだとか。

F6FA970D-36F0-46AF-BBFF-653BDD122729.jpeg

火葬場=山の中のイメージのcaveruna。

海が見えるっていいなーって思いました。

E00286FE-BD37-4F0C-8BE7-285968CCCAF8.jpeg

お料理もとても美味しかったです。

32D36089-579B-4918-994B-800DE8DFC599.jpeg

0F7420C1-D84C-42CD-969F-04BD9018427D.jpeg

054FA3BF-564E-487F-8BDE-43EC3185A58F.jpeg

A6F031D3-1F41-4269-B1CC-87E63F7B9B5A.jpeg

火葬は7、80分かかるので~との事でしたが、意外にあっという間に

時間は過ぎた感じでした。

帰りは、葬儀屋のハイエースに全員乗せてもらい帰ってきました。

祭壇を作りました。こんなかんじ。

B276418F-8349-4606-9466-C1AC770DFD4F.jpeg

前日クリニックに挨拶にいったこともあり、

最後に透析に通っていた近所のクリニックから、お花が届きました。

なんか嬉しいです・・・。

亜聖の場合は、やはりまわりの透析患者とは違って、

見た目も含め症状が重傷だったので、

大変だなぁ・・・と思っていたそうです。

長年通った医科大の透析センターには通えなくなり、

転院するなら死にたいと言っていた時期もありましたが、

近所にいいクリニックが見つかって、よかったなと思います。

晴れた日は、一人で電動車椅子で透析に通った亜聖。

外に出るのは、ずいぶんと気晴らしににもなっていたようです。

7A801E8B-E107-44A5-ABFB-4BCE83E3F08B.jpeg

夜はみんなで・・・。

A0B8E293-D78B-49F9-8F17-0F86CA710168.jpeg

B2FA8C66-1E11-418D-9560-A4DE91F7C4E3.jpeg

辛いけど、私達はこれからも生きていかなければなりません・・・

叔父が、斎場での挨拶で声を詰まらせながら挨拶で言っていました。

他から見たら、ちゃっちい葬式かもしれませんが、

caveruna父が経をあげ、caverunaが遺影を作り、手作りのお葬式。

こんなことができる家族で、本当によかったなって心から思いました。

旦那っちが、葬儀屋できるじゃんっ♪て、皆爆笑。

caverunaパパは、大型の免許もあるし、実家の稼業で供物の札書いてたから、

筆文字は達筆だし、なんならcaverunaママは、生け花の先生の免許あるしね!


まだまだつづく・・・


nice!(28)  コメント(6) 

3月18日 [家族、親族]

午前中に家を出て、昨晩ネットプリントオーダーした

四つ切写真とLサイズを写真屋に受け取りに行った。

一緒に四つ切りサイズの額も購入。

324BC0D8-2933-442B-954D-63DDDACED210.jpeg

靖國神社で叔父と一緒に撮った写真。

隣の叔父をカットし、後ろの自販機や写り込んでいる人を消し、

背景ぼかして、なんとかそれなりになった。

前の晩、遅くまで…

caverunaの中では、遺影、Yeahhhh!の達成感!(失礼)

写真屋に行ったら、家のパソコンに入らなかった

カメラのデーターカードが読み込めたので、

念の為、データーをCDに焼いてもらう依頼をして店を出た。

駅前から10:30の羽田行きのバスに乗り、

いつもの定位置の一番後ろの席をゲット。

そこで写真を額に入れたりと、シャカシャカ作業し、

さて、寝るか…と思ったけど、眠れず…

4AD8FF8A-0FE5-45CA-B820-AEF1C91AFC34.jpeg

しかも、やっと眠くなってきたと思ったら、

定刻より20分も早く着いちゃった^^;

068EDCD1-1D6E-4A16-9874-8FF86D19C78B.jpeg

お昼の飛行機で羽田に着いたcaverunaパパ&ママ。

ひとまず空港でランチ。

8B8A0458-97C1-45DE-BF4A-E4D581BF09AF.jpeg

「飲んでもいいのお~?」と甘えた声でパパごん。

ステーキオムライスを美味しそうに食べておりましたわ(笑)

8E5C1FDB-D093-426F-8D8F-1D674A1AAC39.jpeg

ママちゃんは、ホットサンド。

8D5DF427-A18C-486C-AD89-A45BB48D649D.jpeg

caverunaは食欲がなかったので、シーフドサラダにしたら、

どんだけよ~!なんだかてんこもり状態で失笑。


あまり時間がなかったので、ちゃっちゃと食べてリムジンバスに乗り込む。

一之江下車で、一駅地下鉄に乗り、船堀着。

北斗と北斗の彼女が、午前中に着いていて、近所を散歩していたらしい。

前日、「ちょっと散歩したいから・・・」って言ってたもんな・・・。

兄弟で遊んだ場所、通った学校・・・etc・・・いろんな思いをめぐらせながら

歩いた事でしょう・・・。

夕方には、大阪からcaveruna弟もかけつけ、

みなんで亜聖に会いに、葬儀屋へ。

caveruna作成の遺影も設置。

caverunaママが、亜聖の顔を見て、

「あらら…亜聖、子供の頃の顔に戻って?!」

そうなのよね、ICUに入ってから、

食事は点滴だけだったから、

ガリガリに痩せちゃって…

病気でね、長年顔がむくんでたんだよね。

私達にしては、別人の顔なわけで、

でも、なぜか病気をする前の子供の頃の可愛い顔に

なってて、これは不思議だったね。

でも同時にいろんな思い出がよみがえってきて、

ヤバかった^^;

caverunaも子供だったけどさ、

近しい親戚に赤ちゃんが生まれるって、

子供ながらにすっごく嬉しかったんだよね。

赤ちゃんの時、田舎に帰省してさ、

皆んなが買い物に行くから、

留守番しててって言われて、

寝ている赤ちゃんの亜聖を抱っこして…

わぁ〜赤ちゃん独り占めできる!

って、嬉しくってねぇ…

今でもはっきり覚えてる。

その時の写真確かあったんだよな。

お盆に田舎に帰ったら探してみよっと。

葬儀屋の人と、翌日の打合せを軽くして、

みんなでスーパーへ買い物に。


夜は、caverunaママが持参した煮物などのおかずをつまんで、

亜聖の思い出話・・・。

「お正月に、皆で来てくれて、その時だけは亜聖も痛みを忘れ、

笑顔だった・・・ホントにありがたい、嬉しかった」と叔父。

唯一の失態は、皆で写真を撮るのを忘れた事(苦笑)

caverunaは、禁酒中ということもあり、17時すぎにおいとましました。


つづく

nice!(21)  コメント(4)