So-net無料ブログ作成

暑中見舞い [家族、親族]


image-20170806074206.png

先日、叔父から暑中見舞いが届いた。

数年前までは、私達よりも長く、
お盆帰省をしていた叔父。
よく叔父の姉である、私の母が、
「いつ帰るんだかね…」と、
こっそり愚痴るのがパターンでした(笑)

息子の介護等で疲れているだろう叔父の、
一年に一度の帰省。
友達と会い、実兄と会い、
私達家族と過ごす数日間は、
叔父にとってかけがえのない時間だったろうと
察します。

叔父は二人兄弟で、
お兄さんは仙台にいて、
お盆に、帰省して、墓参りをし、
今は誰も住んでいない実家で、
二人で再会するのが恒例行事となっている。
叔父の母は、うちの祖母の姉だ。
叔父を産んですぐに、病気で亡くなり、
叔父だけ、うちの祖父母に引き取られ、
籍は動かさずに、息子として、
そして私の母にとっては弟として育てられた。
叔父のお父さんも、たぶん早くに亡くなって
いると思う。私が物心ついた時には、
お墓まいりしてたから。

そんな叔父も、昨年からいよいよ、
帰省できなくなってしまった。
透析患者である息子が、両脚をなくし…
最近ヘルパーさんにも来てもらっている
らしいけど、やっぱり何かと大変らしい。

しかし、暑中見舞いには、
そこそこ元気そうな様子が書いてあり、
少し安心した。

YouTubeで、
「靖国の愉快な仲間たち」で検索すると
出てくるたくさんの映像には、
ハーモニカをふく叔父の姿が…♪
白髪のおじさんが、それです。

叔父は、早くにつれあいを亡くした時、
一瞬にして白髪になってしまいました^_^;
でもなかなか似合っていると私は思います。

田舎に帰省した時にも、
よく縁側でハーモニカを吹いていたっけ。
どこで覚えたのか、いつから吹き始めたのか、
気づいたら吹いてたな…という印象の
ハーモニカの音色が、
時には切なく、懐かしく、
身内だからでしょうか、胸を打ちます。

趣味があるっていいね♪
何もしてあげられなくて、
心苦しいけれど…。
せめて、叔父がずっと健康で
いてくれることを願うばかりです。

興味があったら、
動画見てみてください^_^♪


nice!(61)  コメント(15)